警備員 功労者の紹介

  1. TOP
  2. 警備員 功労者の紹介
写真:2017 功労者表彰
2017 功労者表彰

技術研究専門部員所属企業及び
同部員に対する教育活動特別功労表彰

技術研究専門部員所属企業に対する教育活動特別功労表彰

平成28年7月1日から同29年6月30日までの1年間に開催された特別講習講師研修会等に対し、技術研究専門部員として、自社の社員を積極的に参加させ、当協会の教育事業に多大なる貢献をされた企業に対して表彰するものです。

  • 北海道

    日盛ビル管理(株) 代表取締役社長 満田 秀智 氏

    日盛ビル管理(株) 代表取締役社長

    満田 秀智 氏

  • 大阪府

    (株)エムティー 代表取締役 八尋 勇 氏

    (株)エムティー 代表取締役

    八尋 勇 氏

  • 徳島県

    (株)アルファ 代表取締役 牛田 稔 氏

    (株)アルファ 代表取締役

    牛田 稔 氏

技術研究専門部員に対する教育活動特別功労表彰

平成28年7月1日から同29年6月30日までの1年間に開催された特別講習講師研修会等に対し、技術研究専門部員として、当協会の教育事業に多大なる貢献をされた方々に対して表彰するものです。

  • 北海道

    日盛ビル管理(株) 常務取締役 早坂 正 氏

    日盛ビル管理(株) 常務取締役

    早坂 正 氏

  • 大阪府

    (株)エムティー 八尋 大輔 氏

    (株)エムティー

    八尋 大輔 氏

  • 徳島県

    (株)アルファ 取締役教育担当部長 西村 達也 氏

    (株)アルファ 取締役教育担当部長

    西村 達也 氏


人命救助、初期消火、容疑者の確保等の
顕著な功労があった模範となる警備員に対する表彰

平成28年7月1日から同29年6月30日までの間に、人命救助等を行ったことによって、警察、消防、自治体等から表彰を受けた方々を表彰するものです。

  • 北海道

    大道綜合警備(株) 松実 照明 氏

    大道綜合警備(株)

    松実 照明 氏

    功労の概要

    台風の大雨被害により、国道を通行止めにする交通誘導警備業務に従事している際、川の氾濫により避難所に指定された福祉施設に多量の水が押し寄せ、危険な状態になっていることを確認。自らの危難を顧みず、腰の高さほどの濁流の中を渡って同施設にたどり着き、1階にいた避難者を2階へ避難誘導するとともに、同施設駐車場の車内に避難していた自力では歩行困難な高齢者などを順次背負って避難所2階へ避難させ救助した。その功績は、多くの住民から謝意が寄せられるなど多大であり、業界に対する社会的評価を高めた。

  • 東京都

    不二興産(株) 原茂 雄治 氏

    不二興産(株)

    原茂 雄治 氏

    功労の概要

    高層マンション25階を巡回中、廊下にある柵を越えたところに左右そろえて置いてある女性用スニーカーを発見、不審と判断して、すぐに周辺を捜索したところ、隅の方にうずくまり小刻みにふるえている女性を発見した。女性に声を掛けるも全く応えず、怯えている状況であったことから、安全な場所まで移動させ、携帯無線機で防災センターへ状況を報告、防災センターからの通報で駆け付けた警察官に女性を引き渡した。その後、この女性は自殺を企図していたことが判明した。この功労が称えられ、警視庁地域部長から記念品が贈呈された。

  • 東京都

    セコム(株) 山本 慎也 氏

    セコム(株)

    山本 慎也 氏

    功労の概要

    勤務明けの日、自宅最寄り駅付近で、踏切に差し掛かった際、警報音が鳴り響き、遮断機が下り始めた踏切内に女性が倒れ、取り残されているところに遭遇した。女性は踏切を横断中に車両事故の被害に遭い、足を複雑骨折、大量出血し意識が朦朧として動けない状態であった。事故を起こした男性は、踏切から約20m進んだ位置で停車中であったが、咄嗟に状況判断して踏切内に立ち入り、女性の両脇を抱えて踏切外へ連れ出し救助した。さらに、女性を安全な場所で保護し、119番通報を確認後、最寄りの交番で警察官へ状況を説明、報告をして引き継いだ。その勇気ある行動が称えられ、所轄警察署長より感謝状が贈呈された。

  • 埼玉県

    綜合警備保障(株) 熊谷 修治 氏

    綜合警備保障(株)

    熊谷 修治 氏

    功労の概要

    機械警備業務に従事している際、契約先の金融機関の現金自動支払機コーナーで発生した不審火に伴う火災警報対応で臨場した。犯人の情報収集のため、現場の防犯カメラ画像を確認したところ、以前、近隣のコンビニエンスストアで、非常通報対応を行った際の該当人物であったことから、警察へ情報提供を行った。この非常通報対応は2年以上前の出来事であったが、本情報を基に警察にてコンビニエンスストア周辺の捜査を行った結果、後日、銀行の現金自動支払機を対象とした連続放火犯の早期逮捕に至った。この功労が称えられ、所轄警察署長からの感謝状が贈呈された。

  • 愛知県

    綜合警備保障(株) 高橋 誠 氏

    綜合警備保障(株)

    高橋 誠 氏

    功労の概要

    スーパーに設置された契約先の銀行出張所ATMの業務対応中に、利用客である女性が携帯電話を掛けながら操作していたため、不審に思い声掛けをしたところ、「結構です」と一旦断られた。女性はその後も操作を継続したため、振込み直前に再度、声掛けをし、操作を中断していただいた。電話の相手を不審に思い、電話を代わって相手の氏名を確認すると、「銀行コールセンターの者です」と言って切られてしまった。この状況を基地局、契約先管理センター及び警察へ連絡し、その後、現場に到着した警察官に状況説明を行い、引き継いだ。この件を含め、3件の特殊詐欺被害を未然に防止した功労が称えられ、所轄警察署長から2件、契約先から1件の感謝状が贈呈された。

  • 愛知県

    フロントフィールド警備保障(株) 毛受 克彦 氏

    フロントフィールド警備保障(株)

    毛受 克彦 氏

    功労の概要

    港湾の近辺に所在するビルにて施設警備業務に従事している際、通行人より「護岸堤防付近の海面から助けを求める声がする」との連絡を受け、パトロール車にて現場に急行した。付近を捜索したところ、護岸堤防の岸壁につかまり、波をかぶりながら助けを求める転落者を発見した。直ちにパトロール車内からライフジ ャケットを取り出して転落者に向けて投げ入れた。しかし、捕捉されなかったため、さらにロープ式安全帯を投げ入れたところ、転落者がこのロープをつかんだため、堤防の上から引き寄せているところに、救急隊が到着し、協力して救助した。この功労が称えられ、所轄警察署長から感謝状が贈呈された。

  • 京都府

    (株)ジェイアール西日本総合ビルサービス 橋村 和伸 氏

    (株)ジェイアール西日本総合ビルサービス

    橋村 和伸 氏

    功労の概要

    駅施設において警備業務に従事している際、付近の施設において凶器を使用した強盗事件が発生し犯人が逃走中という情報を認知した。その際、速やかに、全隊員に防刃(ぼうじん)チョッキと警戒棒を装着させ、警戒を強化、施設内の安全確保に努めた。
    休憩時間を使い、管轄施設内の多数あるカメラの全てのビデオを解析した結果、着衣を変えたという偽装を見破るなど犯人に関する有力な映像を発見し、警察に通報。このビデオが証拠になり、犯人の逮捕に至った。この功労が称えられ、所轄警察署長から感謝状が贈呈された。

  • 沖縄県

    セコムスタティック琉球(株) 屋宮 孝一 氏

    セコムスタティック琉球(株)

    屋宮 孝一 氏

    功労の概要

    大型商業施設内を巡回警備中、買い物目的で来店したとは見えない60代くらいの女性を発見。女性に気を留めながら、警備員詰所の監視カメラで動静を監視していたところ、女性が空の買い物かごを所持したまま3階駐車場に向かったことから不審に思い、様子を確認するため、3階駐車場に向かった。すると、女性が買い物かごを踏み台にして3階駐車場のフェンスに登り、飛び降りようとしている姿を発見したことから、直ちに駆け寄りフェンスから下ろして、自殺するのを阻止した。この功労が称えられ、所轄警察署長から感謝状が贈呈された。